LLGマイクロマグネティックスシミュレータ   LLG Micromagnetics SimulatorTM
LLG
Micromagnetics Simulator
LLGトップページ
機能(入力画面で説明)
グラフィックス
データ表示
動画表示
解析例題
@3次元電流
A伝達曲線計算
B動的ビットレスポンス
CMFM Tipの相互作用
D消磁結合の層
Eメディア
F回転ループ
G半無限2D表面
Hシングルスピン
Iシングルトルク
Jエッジ補正
カタログのダウンロード
2018年9月17日更新
home に戻る

お問合せ先:

総販売代理店
株式会社SGY
 info@sgy-inc.co.jp
*
本社

東京都千代田区飯田橋
3-7-12 松野ビル4F
TEL: 03-5212-7787

東日本戦略オフィス
宮城県仙台市泉区山の寺
2-23-21
*
世界中の磁気研究者が愛用している
スピントロニクス、ナノサイズの磁気(磁区)構造や動力学的な特性の解析には必須のシミュレータです
解析例題
The example problems in this section do not in any way represent an exhaustive display of LLG's capabilities. LLG has been designed for flexibility, accessibility and robustness, so that it can deal with most (approaching all) micromagnetics problems.

ここで紹介している例題はこのシミュレータの機能の全てを表示できている訳ではありません。このシミュレータは殆ど全てのマイクロマグネティックスの課題を扱う(アプローチは全てにする)事ができるように、フレキシビリティー、アクセスビリティーや堅牢さを主眼に設計されています。
@ 3D Current 3次元電流
This example displays LLG's function for computing current flow in 3D. For problems in MRAM, current enters and leaves the cell in a way that breaks the symmetry at the entry and exit points. These asymmetries introduce bias into the configuration; in LLG, this bias can be computed without approximation.
この例題は電流を3次元で計算できるLLGの機能を表示しています。 MRAMの課題では、電流を入力し、入力点と出力点の対称性を壊すという方法でセルを残します。 これ等の非対称性はバイアスをコンフィグレーションに取り入れます;このバイアスは、LLGでは近似計算法を使わず計算できます。 

A
Computing the Transfer Curve with Shields in an AMR Head AMRヘッドでシールドのある伝達曲線のコンピューティング
This example demonstrates how you can use LLG to compute the transfer function for a shielded GMR read-head. The finite permeability shields shunt stray field from the device when the transition is not directly beneath the head. LLG incorporates standard disk transition models for media that can be dynamically scanned beneath a read-head, which alter the magnetization of that head and change its resistance. Therefore, the transfer curve can be computed directly.
この例ではLLGを使って、どの様にシールド付きのGMRのリードヘッドの伝達機能を計算するかを演演算しています。 リードヘッドの下から直接に伝達されていない場合は、有限透磁性はデバイスの漏れ磁界をシールドします。リードヘッドの下でダイナミックにスキャンされるメディア(を計算する)の為に、LLGには標準ディスク伝達モデルが組み込まれていますが、これらのモデルはヘッドの磁化や抵抗を変更できます。 それ故、伝達曲線が直接計算出来る訳です。

B
Dynamic Bit Response ダイナミック ビット レスポンス
This very simple example demonstrates how you can use LLG to simulate dynamic phenomena; this case shows the response of a bit of Permalloy to a pulsed field. LLG's capability to define arbitrary current and field pulses in space and time make it effective for modeling real transient behavior.
このとてもシンプルな例は、LLGで動的現象をどの様にシミュレーションできるか実演算しています;このケースではパルス磁場へのパーマロイのビットのレスポンスを表示しています。 LLGには任意電流や時空のフィールドのパルスを定義できる機能があるので、実際の過渡電流の作用のモデリングが効果的にできます。

C
Interaction of an MFM Tip with a Permalloy Platelet パーマロイの小板のMFM(磁気力顕微鏡)のTip(頂点)の板相互作用
This example demonstrates one of LLG's image contrast modes, but one where the imaging tool, an MFM tip, is strongly coupled to the sample. Normal mode imaging using MFM would require the appropriate derivatives of the magnetization to be taken and summed. When the tip interacts strongly with the specimen, the tip itself must become part of the simulation and must be allowed to relax along with the sample. This example demonstrates how a strongly magnetized tip can in fact alter the magnetization in the sample.
このサンプルはLLGのイメージコントラスト モードの一例ですが、イメージングツールの一つ、磁気顕微鏡のtip(頂点)がこのサンプルに強力に結合しています。 磁気顕微鏡を使ったノーマルモードのイメージングには、磁化され合計された適当な誘導体が必要です。 tip(頂点)がその代表例と強力に相互作用する時、tip(頂点)そのものがシミュレーションの一部とならなければならず、またサンプルと一緒に弛緩されなければならないのです。 この例は、強力に磁化されたtip(頂点)が実際どのように磁化を変化させるかこのサンプルで見せているのです。

D
Layers with Demagnetization Coupling in a Fe/Permalloy MRAM Fe/パーマロイのMRAMの、消磁化結合のある層
This example demonstrates a simple two-layer problem, where a heavy layer (iron) is coupled via the demagnetization field to a light layer (Permalloy). The two layers have differing intrinsic coercivities, such that, in this extremely simplified example, stable memory states are achieved. You can compute the switching curve and MR response directly with LLG.
この例は、重い層(鉄)がビアホールで軽い層(パーマロイ)への消磁場結合しているシンプルな2層の課題を実演算しています。 この極度に単純化されたサンプルのこの2層には、安定メモリー状態が達成された、異なるそれ固有の飽和保磁力があります。 LLGでスイッチング曲線やMRレスポンスが直接計算できます。

E
Media メディア
This example demonstrates how LLG has been optimized to generate position dependent parameters that make modeling media and granular material extremely easy. In this example, the anisotropy has been assigned a random axis orientation, such that the equilibrium domain structure has the spread in directions that are typical of media of this type.
この例では、メディアや粒状材を極度に簡単にモデリングすることができる位置依存性パラメータを発生させる為に、LLGでどの様に最適化できるか実演算しています。 この例では、平衡ドメイン構造に、このタイプのメディアの典型である各方向に発散がある様な異方性はランダム軸配向に割り当てられています。

F
Rotational Hysteresis Loops 回転ヒステリシスループ
This example demonstrates how you can use LLG to generate rotational hysteresis loops. The LLG rotational hysteresis loop utility allows you to set the sense (CW or CCW) and the number of passes around the loop (n) arbitrarily.
この例では、LLGを使ってどの様にして回転ヒステリシスループを創り出すことができるのかを実演算しています。 LLGの回転ヒステリシスループユーティリティを使って、感知(時計方向または反時計方向)やロープまわりのパス(pass)の数を任意に設定できます。

G
Semi-infiinite 2D Wall Surfaces: 2D Walls in Fe
半無限体2次元壁表面:Feの2次元壁
 
This example demonstrates how LLG leverages its 2D Greens Function in the modeling of a bulk terminated block wall in Fe. In this case, the bulk wall terminates in a Neel wall cap at the surface. LLG is ideal for probing topological structures, such as walls, vortices and lines.

H
Dynamic Relaxation of a Single Spin
シングルスピンのダイナミック弛緩法
This is the simplest example. It demonstrates the relaxation of a single spin in a magnetic field, for which a closed form solution exists. (See A. Arrott's upcoming article in the Heinrich and Bland series this winter.)
最もシンプルな例ですが、閉形式解が存在している、磁場でのシングルスピンの弛緩法を実演算しています。

I
Spin Torques Transferred in Ultra-small Surfaces
超微小面に移動のスピントルク
This example demonstrates a new feature in LLG: spin-torques. Slonczewski's JMMM paper predicted that high current densities, directed perpendicular to a FM/P/FM sandwich, can transfer angular momentum between the layers. LLG self consistently includes the effects of spin torques and the current-generated field torques. This extremely simple example shows that it is not always as easy as it might seem, since the reciprocal torque on the polarizing layer generated spin waves even when the layer was strictly pinned.
この例ではLLGの新しい機能、スピントルクを実演算しています。 Slonczewski’sのJMMMの論文が予測しているところによると、FM/P/FMのサンドウィッチへ垂直に方向づけられた高電流密度は、層間の角運動量を転送できます。 LLGそのものはスピントルク効果や発生電流の場のトルクを常に取り入れています。 その層がきつく固定されている時でさえも偏光角層の相互トルクはスピン波を発生させるので、この極度にシンプルな例題は思えるほど何時も簡単ではないと言う事を見せています。

J
Edge Corrections エッジ補正
This example demonstrates LLG's facility to correct edge effects for shaped structures. All numerical methods approximate solutions by suitably discretizing the structure. Cartesian discretization is easy to implement and understand (in contrast to complex finite-element 3D grid algorithms). Artifacts can be the result when the edges do not align with the Cartesian axes. To remove artifacts due to discretization, with LLG you can correct both the demagnetization and the exchange fields in the proximity to an edge.
この例題は形状がある構造エッジ効果を補正するLLGの便利さを表示しています。 全ての数値的方法では構造を適切に離散化する事によって概算します。 Cartesian(デカルト)離散化は実行しやすく(複雑な有限要素3次元グリッドアルゴリズムとは対照的に)理解しやすい。 エッジがCartesian(デカルト)軸に一直線に揃わない時にはArtifacts(アーチファクト)が結果として起こり得えます。 LLGを使ってエッジ付近の消磁化と場の変換の両方を補正できますので、離散化によっておこるArtifacts(アーチファクト)を取り除けます。