LLGマイクロマグネティックスシミュレータ   LLG Micromagnetics SimulatorTM
LLG
Micromagnetics Simulator
LLGトップページ
機能(入力画面で説明)
グラフィックス
グラフィックコントロール
メディア-ビットマップ
棒磁石-スライスアロー
棒磁石-スライスビットマップ
棒磁石-スライスコーン
棒磁石-スライスドメイン
棒磁石-表面コーン
棒磁石-ボルテックスコア
データ表示
動画表示
解析例題
カタログのダウンロード
2018年9月17日更新
home に戻る

お問合せ先:

総販売代理店
株式会社SGY
 info@sgy-inc.co.jp
*
本社

東京都千代田区飯田橋
3-7-12 松野ビル4F
TEL: 03-5212-7787

東日本戦略オフィス
宮城県仙台市泉区山の寺
2-23-21
*
世界中の磁気研究者が愛用している
スピントロニクス、ナノサイズの磁気(磁区)構造や動力学的な特性の解析には必須のシミュレータです
Graphics
グラフィックス
LLG's Easy-to-Use Integrated Graphics is One of the Key Features that Distinguishes it from other Simulators of its Kind
この簡単に使えるインテグレーティッドグラフィックス(集中画像表示)機能は他の同様なシミュレータには無い、LLGマイクロマグネティックスのキー機能の一つです。
Integrated graphics provide the key visual information necessary for assessing the correctness of a problem's solution and for identifying underlying physical processes.
この集中画像表示機能で、課題の解答の正確さを検証する為に、また内在する物理自然現象を特定する為に必要なキーとなる視覚化された情報が得られます。
The graphics are integrated into LLG's solver and can be updated in real-time or can be disabled.
このグラフィックスはLLGマイクロマグネティックスのソルバーに統合されて、(シミュレーション毎に)リアルタイムで更新でき、また無効にもできます。
LLG allows you to control how you view the data, which is key to their interpretation.
LLGマイクロマグネティックスではそのデータをどのように表示させるかコントロールでき、故にこの機能が結果解析のキーとなっています。
With LLG, you can subdivide the viewing window so that you can watch your problem solve in as many modes as you like.
LLGマイクロマグネティックスでは、すきなだけ多くのモードでその課題のソルバーを見直す事ができる様に表示ウィンドウを再分割できます。
Graphics Examples
グラフィックス例題
The examples of graphics in this section, listed in the navigation to the left, are all drawn from the two problems specified below, which involve media or a bar magnet.
このページの左側のナビゲーション目次にあるこのセクションのグラフィックスの例題は、下記にその仕様が記載されている二つの課題、メディアと棒磁石から全て描かれています。
Media
メディア
The media problem has the following characteristics:
このメディアの課題は以下の様な特性を持っています。
Periodic boundary conditions
周期的境界条件
Mean grain size of 100 ± 40nm in diameter
直径100 ± 40nmの平均粒子サイズ
Random axis granular anisotropy of 10 and m = 350
ランダム軸粒子異方性が10とm=350
The random axis anisotropy gives rise to random axis domains, which are easily understood.
ランダム軸異方性は、理解し易いランダム軸ドメインを提起してくれます。
Bar Magnet
棒磁石
The bar magnet problem has the following characteristics:
この棒磁石の課題は以下の様な特性を持っています。
Material = Fe
材料=Fe
Size = 1000nm x 500nm x 50nm
サイズ=1000nm x 500nm x 50nm
Pixels = 128 x 64 x 8 = 65536 cells
ピクセル数 = 128 x 64 x 8 = 65536セル
Initial condition -> completely random
初期条件→完全ランダム
Gamma = 17.6 MHz/Oe
ガンマ= 17.6 MHz/Oe
Alpha = 1.0
アルファ= 1.0
Tstep = 1 ps
Tステップ= 1 ps
3D-Complex FFT
3次元立方体FFT
Rotation Matrices
回転行列
Time to compute/iteration on Dell 1.13 P-IIIM Portable with 512MB-RAM is 2.641 sec/iteration
コンピュータ計算/1反復の時間は、512MB-RAM搭載のDell 1.13 P-IIIM Portableで2.641秒/1反復です。
 
Time to run to completion is 11 hours
完了までの稼働時間は11時間です。
This problem is seeded with a completely random initial condition. LLG was able to navigate the energy surface and find a high-symmetry low-energy state. The Landau pattern is quasi bulk-like. The film is thick enough to support 3D-like behavior (ie t > 25nm); yet, thin enough that the top and bottom surfaces couple. There are 90-degree domain walls between the domains and two vortices, one up and one down. The corners are quasi vortex-like, in that there is significant canting up/down out of the plane, alternating around the structure. The 180-degree domain walls at the edges are of the Hubert tilted-type. The precision of the calculation is sufficient to resolve the vortex core in bulk and at the surface, as well as the magnetization canting at the corners.
この課題は、完全ランダム初期条件で始められています。 LLGマイクロマグネティックスはエネルギー面をナビゲートし、高対称性低エネルギー状態を見つける事ができます。 Landauパターンは疑似バルク的です。 その膜は3次元的振る舞いに対応出来るほど十分な厚みで(例えばt>25nm)ですが、それでも、トップとボトムの結合を表面化するほど十分薄いものです。 ドメインと二つの渦、一つは上方に一つは下方に、の間に90度ドメインウォールがあります。 コーナーは、平面から構造体の周りに交互に上方/下方にかなり傾いている疑似渦的です。 エッジで180度のドメインウォールはHubert tilted-typeです。 計算精度は、コーナーでの磁化の傾きと同様に、容積中やエッジでの渦のコアを分解するのに充分なものです。