ナノインプリント薄膜技術のマイクロレンズで光の方向をコントロール
効果的な配光のライトガイドプレート
革新のロール・トゥ・ロール製造法で低コストで製造
 
                                                                English
 
   
ライトガイドフィルム Topページ
バックライティング用
  ライトガイド多層フィルム
  デコール用フィルム
フロントライティング用
革新のテクノロジー
  製造プロセス
  開発・製造と世界販売
Homeに戻る
カタログのダウンロード
ライトガイドフィルム
     2018年3月27日更新

お問い合わせや資料請求は

株式会社SGY
 info@sgy-inc.co.jp

本社

東京都千代田区飯田橋
3-7-12 松野ビル4F
TEL: 03-5212-7787

東日本戦略オフィス
宮城県仙台市泉区山の寺
2-23-21



ディスプレーフロントライティング用ライトガイドプレート

用途: 半透過型ディスプレー、反射型ディスプレー、双安定性ディスプレー

ニューテクノロジーのライトガイドプレート(LGP)は、LED光源から出た光を表示部の表面や背面へユニークに配光できるマイクロレンズを使っています。
この光は、その見え方を邪魔する事なしに、LCD表面に均一に配光されます。
これらのマイクロレンズはインプリンティング技術を使って、薄いプレート上に正確にインプリントされます。
更に一層効果的にフォーカスできる凹形で様々な密度で配置できるマイクロレンズの技術を利用した製品です。
 
発光させる領域全域に渡って均一な明るさを提供できる様に配置密度を可変できる特別なマイクロレンズです。
各アプリケーション毎に必要な事を最適化するので、このライトガイドプレートは全品カスタム生産です。
 
表面に置いたフロントライトガイドプレートで
明るく表示された地図
 
上図で、左側LEDから放射された光は水色で表されたライトガイドプレートへと進みますが、その光は光学特性により内部反射されてライトガイドプレート内を進行します。
マイクロレンズにあたると光は下方に方向を変えられて反射型LCDディスプレーを照射します。 LCDによって上へ向かって反射されたその光は表示部へ向かい可視化されます。
このマイクロレンズの密度や曲線形状を調整して、その表示領域へ方向変換される光の総量をコントロールできるので、光源から離れた表示領域でも均一な発光ができるのです。
この様につくられたライトガイドプレートを使うと全表示領域に渡って均一な光を照射できますので、最小数のLEDでLCDやその他のディスプレーへ均一な照明が可能になります。
 
Design
各アプリケーション毎に必要な事を最適化するので、このフロントライトガイドプレートは全品カスタム生産されます。
光源のLEDアレーからでた光は、フロントライトガイドプレートの表面にインプリントされた直径30μm~50μmのマイクロレンズでLCDの表面に(あるいは他の表示部表面に)屈折照射され、それが表示部に向けて反射されますが、そのマイクロレンズによって表示が損なわれることはありません。
これだけでも革新的な方法ですが、マイクロレンズの配置密度を変える事によって、表示部のユニフォーミティーをも均一にできる超革新的な方法でもあります。
Manufacturing
各表面に付くコンタミネーションを防ぐ為にこのフロントライトガイドプレートはクリーンルームで製造されています。
その製造中に保護フィルムが貼られますので、取り付け時にはその保護フィルムを剥がす必要があります。
このフロントライトガイドプレートには、LEDとのインタフェースを付けられる様に、また製品設計にインテグレーションできる様にダイカッティング(型抜き)も加工できます。
 
フロントライトガイドプレート(LGP)の特長
幅広いデザインアプリに適合できます。
タッチ技術に使えます。
そのアプリケーションの最大のパフォーマンスを引き出せる様に、全てカスタムデザインします。
低コストのロール・トゥ・ロール製法で製造します。
試作品も量産品もクリーンルームで製造しています。
ダイカッティングを付ける事ができ、オプションで接着剤を付ける事も可能です。
フロントライトガイドプレートで
照明されたE-Reader(電子ブック)